カテゴリ

「PRADA」携帯 6月に発売

PRADAとのコラボレーション携帯が発売されます。

写真をみると、あまりブランド感はないと思いません?
しかも、開発元はLGです。

LGの品質は高いとは言えませんので、機能面ではかなり劣ると思われます。



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080509-00000019-zdn_lp-sci

「PRADA Phone by LG」、ドコモから6月に登場
LG電子は5月8日、世界的なラグジュアリーブランド「PRADA」とのコラボレーションによる携帯電話端末「PRADA Phone by LG」を発表した。6月に「L852i」という型番でNTTドコモが発売する。

洗練されたデザインと斬新なフルタッチスクリーンで話題を集め、世界44カ国で累計80万台を販売した「the PRADA Phone by LG」(通称:プラダケータイ)の日本版。2007年3月に欧州で発売されてから1年以上が経過しているが、そのぶん「もっとも洗練され、要求の高い日本市場に合わせてレベルアップした」(LG電子マーケティング戦略担当バイスプレジデントのチャン・マ氏)。

 日本向けとして、3G対応にくわえて「iモード」や「iアプリ」「iモーション」(MPEG-4、H.263)といった独自機能を追加。FOMAハイスピード(HSDPA)に対応し、フルブラウザも備えている。一方、200万画素CMOSと独Schneider KREUTZNACH公認レンズを組み合わせたカメラ機能、microSDスロットなどの仕様は海外モデルと同様だ。

 製品のアイデンティティといえる操作キーを極力排したシンプルなデザインも海外モデルと共通。サイズは54(幅)×101(長さ)×12.7(厚さ)ミリと少しだけ大きくなったが(海外版は98.8×54×12ミリ)、スリムで洗練されたフォルムは健在だ。光沢のあるブラックカラーに「PRADA」のロゴマーク、さらにメニュー画面までモノトーンで統一し、シンプルなデザインを際だたせている。

 デザインと並び、製品のアイデンティティといえるのが3インチのタッチスクリーン液晶(ワイドQVGA)。スタイラスや指で押すたび、指先にかすかなバイブレーションが伝わる“タッチ感”があり、またカメラの設定メニューなどではスライドバーを指でなぞって動かすというアナログ的な調整が可能だ。感圧式のため、手書きアプリで微妙な強弱を付けた線を描くこともできる。

 「見た目だけでなく、操作性も従来の携帯電話とは一線を画す。PRADAのロゴマークがない端末では味わえない、新しい体験を提供できるだろう」(プラダ・グループ ビジネス開発ディレクターのジャコモ・オヴィディ氏)。

 PRADA Phoneのターゲット層は、20代から30代前半の男女。とくにアクティブに新しい体験を求める“プロスーマー”(プロアクティブなコンシューマー)やトレンドセッターと呼ばれる人たちを意識しているという。「より洗練されたユーザー層。たくさん売ろうとは考えていない」(LG電子のチャン・マ氏)。なお、気になる発売日と価格については、「近日中に発表する」という。

レッスンバッグの作り方


もちろんレッスンバッグは子供専用のものではないので、大人もレッスンバッグを利用することが出来ます。
レッスンバッグを手作りすることは、その用途に合わせた最適な大きさのレッスンバッグを利用することができるので便利なようです。
また幼稚園や小学校のお道具や図書館で借りた本を入れて持ち運ぶのにもレッスンバッグは適しています。
レッスンバッグはおけいこごとだけでなく、広い範囲や用途に利用できるようです。
レッスンバッグの布は無地や子供の好きなキャラクター物、ストライプ柄、チェック柄、花柄など色々なタイプがあるのでレッスンバッグを使いたい人の好みに合わせて選ぶと良いでしょう。
フラワーアレジメントやお茶、着付け、英会話など用途に合った大人向けのレッスンバッグを作ってみるのも良いかもしれませんね。
レッスンバッグを作る際に必要なのは針と糸と布だけなので、レッスンバッグを作る為の準備も簡単です。

サイトでレッスンバッグの基本的な作り方について調べてみると、手作りすることはとても簡単なようです。
レッスンバッグの多くは横長の長方形をしているので、直線縫いだけで簡単に作れてしまうとか。
様々なシーンで利用できるレッスンバッグの基本的な作り方についてサイトで調べてみましょう。レッスンバッグを手作りして、おけいこごとや普段使いに利用してみましょう。

レッスンバッグを作る際に必要な布には素材や色などたくさんの種類があり、基本の形でも布によって様々な印象を与えることが出来ます。
直線縫いだけで作れるレッスンバッグは裁縫が苦手な人でも簡単に作ることが出来ますよね。
レッスンバッグを作る時は針の取扱いなどに注意して、小さな子供のそばで作らないようにした方が良いかもしれません。
サイトのレッスンバッグの作り方を参考にしてレッスンバッグを手作りし、おけいこや学校、幼稚園など色々な場所で利用してみましょう

レッスンバッグとは


レッスンバッグとはおけいこごとや習い事などに通う際、教材や道具などの荷物を入れるバッグのことで、レッスンバッグには様々な形があります。
生け花やフラワーアレジメントなどを習っている人のレッスンバッグには、生け花を生けるときに必要なハサミやオアシス、中には花器も自前で用意している人もいるとか。
刃物や重い花器を入れて運ぶレッスンバッグは丈夫でマチのついたものが利用し易く、生地も厚手のものが多いようです。
レッスンバッグを手作りする時間がないという時は、手芸屋さんなどで売っている既製品の布製レッスンバッグを購入して、刺繍やアップリケをつけてみるとオリジナルレッスンバッグになりますよ。
子供用レッスンバッグの多くは横長の手提げタイプで、キルティング生地などが洗濯もし易く丈夫なので人気があると聞きます。

レッスンバッグはけいごごとや荷物の大きさなどによって、色々なタイプから選ぶことが可能なようです。
子供用レッスンバッグはピアノやそろばん、英会話、塾など教材を入れるものが大半なので、軽くて丈夫な生地を選ぶのが一般的なようです。
また子供用レッスンバッグには無地や花柄、ストライプ柄、キャラクター柄など色や絵柄も豊富なので、子供の好きなレッスンバッグを利用すると良いかもしれませんね。

市販のレッスンバッグで気に入ったものがなかなか見つからない時は、自分でレッスンバッグを作ってみるのも良いかもしれません。
レッスンバッグの大半は横長の長方形で手提げタイプのものが多いので、直線縫いだけでよくミシンを使わずにレッスンバッグを作ることも出来ます。
日本舞踊などを習っているのであれば、着物一式を持ち運ぶことができる丈夫で少し大きめのレッスンバッグを選ぶと良いでしょう。
またお茶を習っている人のレッスンバッグでは、茶室の雰囲気に合った上品な色合いや形のレッスンバッグを利用している人も多いと聞きます。
レッスンバッグの作り方はサイトにたくさんあるので、参考にしながら自分に合ったレッスンバッグを作ってみると良いでしょう

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。